先輩社員インタビュー 國見 勇太INTERVIEW

會社だけでなく社會の役に立つ人間になるために。國見 勇太 大阪本店工事第一部工事課 2014年入社 近畿大學卒
會社だけでなく社會の役に立つ人間になるために
國見 勇太
大阪本店工事第一部工事課2014年入社 近畿大學卒

現在の仕事について

現在の仕事は、高齢者施設の新築における電気設備工事の施工管理。プロジェクトの責任者として関係業者との打ち合わせをはじめ、工程計畫の作成、図面作成、工程管理、品質管理、資材発注、安全管理など、幅広い業務に攜わります。

一つの建物を施工するには、電気設備だけでなく空調設備や衛生設備などさまざまな他業者が関わってきます。お互いが円滑に工事を進めていくために協議、調整が重要になりますが、その際、自分の意見だけを押し通すやり方では通用しません。絶対に譲れない點をしっかりと見定めた上で、譲るべき點は譲っていくという柔軟な対応も必要。そうした調整をスムーズに行うためにも、日頃のコミュニケーションや関係づくりが欠かせません。専門知識やスキルはもちろん、人間力が試される仕事だと思っています。

この仕事の面白さ?やりがい

當社が擔う電気設備の施工は、設計事務所が作成した建物全體の設計図を基にスタートします。その中には照明器具やスイッチ、コンセントなど電気設備の配置も描かれていますが、専門家としての視點から見直し、より良い施工図を作成して提案するのも私たちの重要な仕事。その際の基準になるのは、実際に建築物を利用する方々の視點です。その空間を人々がどう使うのか、付隨する機器はどんなものなのかを想定し、より良い照明器具の設定や配置を考え、快適で機能的な空間づくりにつなげていくわけです。そうした自分の提案が実際に建物に反映され、お客さまをはじめ利用者の方々のお役に立てたときに、大きなやりがいを実感しますね。さまざまなプロフェッショナルたちが一丸となって建物をつくる過程には苦労もありますが、それだけに竣工を迎えたときの充実感と喜びはひとしおです。

淺海電気の魅力

私がこの會社を選んだのは、面接の時の雰囲気がとても話しやすく、ありのままの自分を出せたからです。就職活動ではいろいろな企業を回りましたが、一番印象に殘りましたね。

実際に入社して感じたのは、當社では早いうちから責任のある仕事を任せてくれるということ。経験の淺い1年目は先輩社員や上司がサポートしてくれますが、それでも、淺海電気という歴史ある會社の一員として活躍する場を與えられ、実踐を通して生きた知識とスキルを身に著けることができます。それだけにプレッシャーも大きいのですが、どんどん成長していける點が大きな魅力です。特に現場を任される今は、私自身は施工管理者であり、淺海電気の信用を背負う「代理人」。會社の代表として他社と渡り合っていく、大きな手応えを感じています。

これからの挑戦

目下の目標は、多くの人々の役に立つ建築物に自分が中心となって攜わること。入社1年目の時に病院の電気設備工事を擔當する現場に配屬されましたが、まだ何も分からない狀態で言われた指示をこなすだけで精いっぱいでした。いずれは自分自身が責任者となって、社會の中の重要な建築物を手掛けてみたいですね。
組織の一員である以上、會社の役に立てる存在でありたいという思いがあります。しかし、それだけではなく、社會の役に立つ存在になることが私の大きな目標。入社3年目の今はまだまだ知らないことだらけなので、日々の業務の中で多くのことを吸収し、社內はもちろんお客さまや他業者の方からも信頼される人間になりたいです。そして一日も早く一人前になって、自分の目標に近づきたいですね。

POINT

國見さんのとある1日

  • 08:00
    朝禮?KY(リスクアセスメント)ミーティング
  • 08:30
    現場巡回
  • 09:00
    図面作成?書類作成
  • 11:30
    晝打ち合わせ
  • 12:00
    晝食
  • 13:00
    晝禮?KYミーティング
  • 13:30
    現場巡回
  • 14:00
    現場施工寫真撮影など
  • 16:00
    図面作成?工程調整
  • 17:30
    現場巡回?施工確認
  • 18:00
    翌日作業內容確認?ゼネコンとの打ち合わせ
このページのトップへ
夹一天不能掉晚上我检查视频,大胸年轻继坶2,吞下他的大东西,见面大叔就要了我两次